スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業参観

先週の木曜日 授業参観日でして
ちょうどその日は でぇら寒かったような気がしますです はい

図工を1時間目2時間目と参観した後
親子講習会がありまして
その時のことなぞ つらつらと書いてみようかとね
・・ま 自分の子の話ぢゃないんすけど ←いつもの事だ 気にするな
何だかなぁ・・な事があったのさ

その日 図工室で 子供達はテープカッター作り
プラスチックの土台に紙粘土で立体的にデザインしていく
白い紙粘土を貼り付けて 上から色を塗るのでなく
紙粘土に様々な絵の具を練り込んで貼り付けていくやり方でして
高学年になると高度だねぇ・・とか思ったのさ

高度なやり方だと当然先生の説明も懇切丁寧だ
となると 説明の時間も当然長い

・・・もう おわかりっすよね~ 
トラブル発生のにおいがぷんぷん ←大予言

【説明無しの一発勝負】を得意とする支援学級児達は苦痛で仕方ない
しかも参観日ということで いつになくテンションが跳ね上がってる彼ら
うちの子供は隣の女の子にちょっかいをかける程度で済んでたけれど
もう一人のK君は最高潮に興奮してた
収まりきらない興奮の為か 何度も中座してトイレに逃げ込んだり
戻ってきても落ち着かないのか うなり声が止まらない
介助員さんが声をかけると余計激しくなるので 
近くにいた私も声をかけずに様子を見てた 

・・ま 正直なとこ そんな状態はいつもの事なんすよ

過去の授業参観の様子を思い出してみたが
むしろ椅子投げたり 机に乗っからないだけ今日のがマシだったりするぞ?
状態としては【ちょっと緊張してる程度】だったのよ 
だけど 普段の担任や支援の担任がいたら良かったんだろうが
ちょうどその時二人とも他の授業だったりしたもんで不在だったのさ
張り切った図工の先生が景気よくK君を叱りだした

・・おいおい やめてくれよぉ

余計興奮するK君 焦る介助員
「みんなの邪魔をするなら 支援の教室に戻りなさい!!」
とかいうもんだから K君更にヒートアップ 
介助員さんは支援の担任@夢ちゃんを呼びに走った
K君も教室から出ていくと 図工の先生は宣った

「K君は参観日で嬉しすぎて 感情のコントロールが出来ないんですね」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そこまでわかってるのに 【出ていけ】発言するってどう?
つか クラスの子供達やその親は あんたよりずっとK君との付き合いは長いんだから
そんなこと言われなくたって 充分承知してるんだけどさぁ

何となく白けた教室・・ああ痛々しいことこの上なし
すぐ後夢ちゃんに連れられ 教室に戻ったK君は ちょっとガス抜きできたのか
割とすんなり授業に戻れたんすけどね
ちょうどこの時 待望のK君ママ登場して 上機嫌になる彼
ママ・・この騒動 見なくてすんで良かったよ
紙粘土で戯れる支援学級児・・こういうことさせるとホント誰より楽しそうだね 君たち
そんなこんなで授業終了のチャイムが鳴り響く

ガス抜きしたはずのK君だが 
図工室の片付けで 他の子からほうきを奪い取ったのを注意されて
逆ギレしてゴミ箱を蹴飛ばしまくってたのは 見なかったことにしよう

介助員さんは今回K君に振り回されてかなりご立腹 ←気持ちはわかる
担任@夢ちゃんに愚痴ってたらしい←他のママ情報
今回の事は 図工の先生のやり方がいまいちだったせいだけど
基本 感情のコントロール等 療育面が野放しなK君
男の子は力が強いので 先生達も押さえるのに一苦労だったりする
これから 成長と共に更にパワーアップしそうな予感
たしかに これでは困るだろう
親さんが危機感持ってないってのが 一番困るんだけどね

介助員さんが私に呟く
「どうして K君て こんな風なんでしょう?」

だから支援にいるんすよ  ・・としか言えない

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かかろんさん

Author:かかろんさん
◎性別 中年のおばさん
◎性格 すばらしく雑


◎家族構成
★亭主
腹は黒いが 
あだ名は【住職】
マイペースな初老
毛根が枯渇している

★息子 
社会人
人はいいが、足が臭い
魔窟(汚部屋)に住む
空気読まないアスペ君

★娘 
春からA型作業所へ
食欲魔神な自閉症
前世はきっと肉食獣
勢いだけで生きている


      


「あなた悩み無いでしょ」
と言われた
んな訳 あるかい!

    

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。