スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭先 絶讃放置中

ここんとこ 自宅前の畑が 放置プレイ中・・

すでに様相は畑ぢゃなくて 野原チックなんですが      原っぱ ともいうな


誰か 草むしってくれないかなぁ~
とりあえず 呟いてみる
家族全員 あたしから目を背けるのは何故?
誰も おめぇらに期待してねぇよ  けっ ←やさぐれモード全開

柵の向こうの畑の色は草の色じゃなくてちゃんと土の色っす
きちんと手の入った畑ざんす
あれが 正しい畑の在り方っすよねぇ

まだいい 今は冬やから
これで春になると 菜っぱ系野菜が一斉に花を咲かせるんす
まあ 一面の菜の花ネェ~~♪

・・・これ 恥ずかしい光景です

手入れてない上に ちゃんと食べきってやらないで 花を咲かせちゃうって どうよ
自宅庭先では 他の畑には ない光景がみられたりする@毎年
今年こそは全部どうにかしたいわねぇ~

・・てその前に 草むしれよ  おい  って話??

コメントの投稿

非公開コメント

草むしりって、たいへんっすよね~e-263
ずっとやってると、膝がいたくなって立てなくなる・・・ってコトないっすか?


No title

うちの実家の近所でも、春になると菜の花畑(@かつては白菜や大根やブロッコリーであったであろう者達)が見られますよ。
花が咲いちゃうと、やっぱり食べられないんですかね?
菜の花のお浸しとか、どっすか?(笑)


かもさん

こんだけ びっちり生えちゃうと 敵前逃亡しちまいますよ
>ずっとやってると 膝痛くなって立てなくなる
・・・・すんません 忍耐力ないんで いっつも痛くなる前に脱走しちまってます でへへ

最終的に ちっさい耕耘機でおこしてもらってる←ご亭主に・・・

シャナさん

菜の花かぁ 花開く前の蕾の時だったら食えるんすかね
食ったことないけど・・・
大根とか菜っぱは花咲く頃には 育ちすぎて固くなってるんで もう食べても美味くないっすよ 
ああ でもネギは根っこのほうの白いとこは食べれますな

ちなみに大根の花は白いす
ああ お花畑が 痛い・・・ 

緑溢れる、こじゃれた庭

じゃ、なかったのね。
そうか、畑ですか。
でも、緑が溢れているので、向こうの畑よりもお洒落な気がします。
ってのは、ダメ?

ところで、ワタクシ草と虫が死ぬほどキライです。
なので、一軒家には絶対に住まないと決めています。
(本当は貧乏で住めない・・・)

鯉ちゃん

草むしりをやりたくないが為に 庭一面に砂利を敷き詰めた私です
小洒落た庭・・無理無理無理無理・・・

あの緑の面積には びっちり虫がおります
田舎なんで 夏窓開けてるとおっきな虫が入ってくるんで 網戸は開けてはいけませんです
夜庭でバーベキューも無理す
お客と一緒にヤブ蚊とかいろんな虫もご招待っす
鯉ちゃんには不向きな住宅事情かも へへへ

実家も似たようなもん

私の実家も元農家だけあって、庭先が無駄に広いです。
そこには何の工夫もなく、花が咲き乱れております。
草取り、その昔延々とやらされました。
ええ、砂利をひいてやりましたとも。
しかし、砂利は注意です。年々薄くなるのよ、何故か。
その間から草が生えてくると、殺意が芽生えます。

ちなみに、我が実家、家の前にたまに蛇がいたりします。
大声で絶叫する私です。
数年前、大掃除をしていたとき、蛍光灯のすきまから干からびたムカデがでてきたときも絶叫しました。
12畳間の畳一面に広がった電気の虫を掃除機で吸った時も泣きましたわ。
パジャマのズボンから生きた15センチくらいのムカデに出てこられた時は、声すらでませんでしたが・・・。
太股をはわれた感触は10年以上たった今でも覚えております。

ああ、実家にはなるべく帰りたくね~。

鯉ちゃん

なかなか 味わい深い実家っすね

ムカデは今んとこ出てないっす
そん代わり 干涸らびたヤモリは息子ベッド下からでてきましたが・・ああイヤだ
プロフィール

かかろんさん

Author:かかろんさん
◎性別 中年のおばさん
◎性格 すばらしく雑


◎家族構成
★亭主
腹は黒いが 
あだ名は【住職】
マイペースな初老
毛根が枯渇している

★息子 
社会人
人はいいが、足が臭い
魔窟(汚部屋)に住む
空気読まないアスペ君

★娘 
春からA型作業所へ
食欲魔神な自閉症
前世はきっと肉食獣
勢いだけで生きている


      


「あなた悩み無いでしょ」
と言われた
んな訳 あるかい!

    

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。