みっちょんと嫁

目つきの悪い看護師が午後診察のため出勤してくると
点滴室の寝台に寝そべってるトド失敬 みっちょんに遭遇する

「みちょん どうしたんですか?」
「あぁ?眩暈眩暈・・くらくらして気持ち悪いんよ」
「あ~それは大変だね 今もまだ続くんですか?」
「もう あかん きっと もうじき逝ってしまうんや・・」


おぉ みっちょん弱気である
この御大 普段は
「不遜」と書いて「みっちょん」と読む
・・と言うくらいふてぶてしい いや お元気な人なのだ

のどかな午後のクリニック 
弱気な老人みっちょんを慰めていると
そこに ばた ばた ばた ばた とえらい勢いで駆け込んでくる物体
「お義母さん!お腹空いたでしょっ ご飯買ってきたよっ」
みっちょんちの嫁さんの登場である
ご苦労様 できた嫁だよ
みっちょんちの嫁ってだけで既に尊敬に値するんじゃないか?
そのいろんな意味ですごいこの嫁さん
えらい早口 えらい素早い動作でスーパーの袋からがさがさと
なにやら取り出した


え? おにぎり・・  ?
さっき みっちょん 気持ち悪いって言ってなかったか?
それはちょっと~っと看護師が口を開きかけた瞬間


みっちょん 嫁の手からおにぎりを奪い取ると猛然と貪りだしたのだ
もしゃもしゃもしゃもしゃ・・・
咀嚼する音が点滴室を占めている
もしゃもしゃもしゃもしゃ・・・
あんた気持ち悪くなかったのかい?
呆然とする看護師


「あんたも食べるかい?」
「いや 結構っす」
「あ そう・・」


突然 みっちょんの動きが止まった
喉に詰まらせたか?

ぶわぁっくしょん

えらいくしゃみとともに飛び散る米つぶ 米つぶ 米つぶ・・
うわぁ・・最悪・・
茫然自失の看護師・・
しっかし その脇を疾風が駆けた

嫁さんである

「すいませんすいませんすいませんお義母さんだめでしょっあぁごめんなさい看護師さんすぐ片付けますからあぁお義母さん動いちゃだめよっすいませんごめんなさいごめんなさい」

あまりの早口で半分聞き取れないが 嫁さんハイスピードで床を掃除し出したのである
看護師も一応「あ 良いですよ こちらで掃除しますから・・」
と言ってみたが言ってる間にも床の米粒はきれいに回収されていく
・・・・・ま いいか・・


嫁が床を片付けてる間にみっちょんもすっかりおにぎりを食べてしまっていた

 
「さて 帰るかぁ 看護師さん これ抜いて?」


え? さっき気持ち悪くて死んでしまうと言ったのは誰や?
帰るの? あ・・そう・・


先生の許可をもらい 点滴を抜針したみっちょんは
もったもった と帰っていった

「また 明日 来るからの」
いや いいです 
おうちで休んでね


・・とは言えず 二人を見送る看護師だった


坂の上のクリニックの床は今日もキレイ・・である

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かかろんさん

Author:かかろんさん
◎性別 中年のおばさん
◎性格 すばらしく雑


◎家族構成
★亭主
腹は黒いが 
あだ名は【住職】
マイペースな初老
毛根が枯渇している

★息子 
社会人
人はいいが、足が臭い
魔窟(汚部屋)に住む
空気読まないアスペ君

★娘
猪突猛進  
食欲魔神な自閉症
とうとう成人しちゃったよ


とりあえず 生きてる



      



    

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター