み~た~なあ~

CSで納涼怪奇映画特集(?)の宣伝がやってまして
化け猫さんが振り向きながら言ったセリフがこれ


「見~た~な~」

いやいや なんとも王道 何か見る人を安心させるかのような安定感
ベーシック怪奇映画でございます

・・んでそれを夫婦並んで画面見ながら

「見~た~なあ~・・ってそりゃ見るだろよ 自分ちにコスプレの女が忍び込んでいたらさ」

「んだんだ しかも 見られるようなとこにいるほうが悪いわなあ」

・・・「呪怨」も「貞子」も笑いながら見た夫婦ですから
今ひとつ風情がわからないようでございます
別に霊を信じてない訳じゃないんですわ
実家でも職場でも「出て」たんですよ
子供の時は度々見えてたんですけどね

窓に人影がべったり張り付いてたり(痴漢ぢゃないよ)
金縛りの後 足引っ張られたり 体の上乗られたり・・


子供の時は頻回にあった霊体験が大人になると無くなったのは何故や?
心が汚くなったからか?
(妖精さんじゃあるまいし・・・元から心汚い場合はどうすんだ・・おいおい)
職場では同僚がよく目撃したけど 私は全然見えない
気配を感じたりしたことはあったけど・・


まあ 大人になってから背後に霊の気配を感じた時 とっさに思ったこと

「仕事の邪魔すんな あたしは早くうちに帰りたいんだよ」



こんなこと思ってたら そりゃ 見えなくなるよね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かかろんさん

Author:かかろんさん
◎性別 中年のおばさん
◎性格 すばらしく雑


◎家族構成
★亭主
腹は黒いが 
あだ名は【住職】
マイペースな初老
毛根が枯渇している

★息子 
社会人
人はいいが、足が臭い
魔窟(汚部屋)に住む
空気読まないアスペ君

★娘
猪突猛進  
食欲魔神な自閉症
とうとう成人しちゃったよ


とりあえず 生きてる



      



    

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター