スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんなら 奈良に行こう

お正月の煮しめが余ったので
炊いた蓮根やら牛蒡なんぞは 天ぷらに 
それでも余った残りは刻んで 炊き込みご飯 

蓮根や牛蒡をたっぷり食うと
翌日は そりゃあもう 
 で  が えらいこと出ます

その日は 初詣に行くんだよってんで
高速なんかにのっちゃってるんで 
休憩のSAでトイレダッシュするあたしと娘
お出掛けの前日は 食べ物に気を付けましょうね

そうそう
初詣に行きました
去年はまだ 婆ちゃんの喪中だったんで
神社じゃなくて 京都のお寺巡りしたんだわ
あっという間の1年だったわさ

今年は 奈良の大神神社
1年ぶりでございます
010_20130106211329.jpg 011_20130106222453.jpg
    
朝7時頃 自宅出発して 
奈良県桜井市にある この大神神社に到着したのが
なんと 朝9時っす 。。。早すぎ
それでも いくつかある駐車場は既に半分以上入ってるような感じ
※お昼もう一度 近くを走ってみたら 周辺は大渋滞でした
拝殿だけお参りしてきました
来年は狭井神社久延彦神社もまわりたいと思います

それから 7~8キロの場所にありますのが飛鳥寺
012.jpg  013_20130106222707.jpg

588年に百済から仏舎利(遺骨)が献じられたことにより,
蘇我馬子が寺院建立を発願し,596年に創建された日本最初の本格的な寺院
法興寺・元興寺ともよばれた 
現在は安居院(あんごいん)と呼ばれている ←コピペ
飛鳥大仏と呼ばれる本尊は 釈迦如来坐像 鞍作鳥に作らせた日本最古の仏像
法隆寺のお釈迦さんと同じで この時代の仏像さんは鼻の大きい男らしい顔っすね

この飛鳥寺の西側には 蘇我入鹿の首塚があります
お墓?なので 写真はとりませんでしたが その真後ろで
飛鳥寺西方遺跡発掘調査が行われてまして 
田んぼがあったらしい場所がビニールシートですっぽり覆われております
周辺は石畳で整備されてますが 
首塚のすぐ横をおっさんが自転車でかっ飛ばしていきました
・・そこはたぶん道じゃねえよ おっさん

入鹿だ 馬子だ 推古天皇だ 鞍作鳥・・・山岸涼子の日出処の天子 を思い出して
ニヤニヤしてしまいました 怪しすぎる自分

次はそこから1~2キロ行くと山の中にあるのが 岡寺
 真言宗豊山派 東光山真珠院 龍蓋寺というのが正しいそうですが
岡にあるので 岡寺と呼ばれてるそうです
岡と言いますが 山だと思います 山です
ここは厄除けとして有名なところです
駐車場を出てすぐに 仁王門への案内が見えますが 心が折れました
018.jpg 019_20130106231948.jpg

こんな 急な傾斜は デブの心臓(ハート)を狙い撃ち
心拍数が半端ねえったら ありゃしないわ ←動悸息切れ眩暈
と言うわけで 心(心臓)に余裕がなかったので仁王門の写真撮り忘れましたとも
015.jpg
本尊は如意輪観音坐像 重文 
塑造では日本最大で 如意輪観音像としては日本最古だそうです
017_20130106232414.jpg
三重塔です ここから見下ろす飛鳥の里は素敵です
心臓に余裕のある方はどうぞ


この時点で 時計は11時前です
どんだけ早く来たんだい お前たちカマイタチ ←by柳沢●吾
昼ごはんもそろそろ食べたいなあ~
岡寺から 数分走ったところに
石舞台古墳があります
蘇我馬子の墓とも言われているここは
国営飛鳥歴史公園内ありますです
つ~か ここってば息子が赤ん坊の時に 一度来たことがありましたが
そのころに比べて すっかり周辺はキレイに整備されて 観光地らしくなってました
隣接するお食事処で 定食なんぞをそそくさと食べ終えたあと
ゆっくりみることにしよう
021_20130106233956.jpg  020_20130106233953.jpg
公園の駐車場はタダ だけど 石舞台のとこは入場料いります
JAFの会員さんは割引有りと書いてあったので 会員権出したら
50円 安くなりました
出さなくてもいいと思います

あと 入場券には ご丁寧に
石の上に登って お弁当などの飲食もご遠慮ねがいます
とありました


そんなことやるやつ いないと思います

スポンサーサイト

長野 新潟旅行 その3 うるうる編

旅行も最終日 
なんかどことなく草臥れたかかろん家一行
昨夜急いで買った 娘のパンツは どうもワンサイズ小さかったらしく
朝起きると脱ぎ捨ててあった
枕元にパンツ投げられると ちょっと悲しい
仕方ないので 汚れたパンツをハンドソープで洗い
ドライヤーで乾かすという嬉しくない作業をする

何なんだ 今回の旅行は・・・

あ 一つ言い忘れてたけど 
さすがに 米はめちゃくちゃ美味かったっす
それだけは良かった うん


3日目
上越あたりに行こうと思う
せっかく 川中島まで行ったんだから ←そういや行ったな
上杉謙信ゆかりの春日山まで行こうではないか
なかなかまとまりのある行程じゃないか
・・・過程はぐちゃぐちゃだけどね
途中 米山SAに立ち寄る
2407161 (800x600)
おお 今度は見えます 
海の向こうにうっすら見えるのが佐渡っす
その横に煙突らしきものが建ってるのが たぶん柏崎原発でしょうか

それにしても暑いっす
3連休中 やっときた晴れの日のせいか 高速もなんだか混雑
・・帰りが少々心配だったりする
その不安は きっちり的中したりするんだな

そんなこんなで到着したのが 曹洞宗 林泉寺
上杉家菩提寺でやんす
2407162 (600x800)  2407163 (800x590) 
山門です

2407165(800x600).jpg  2407166 (600x800)
本堂っす
この奥に謙信公のお墓があるそうです
もちろん 上りませんが 何か?

宝物殿には 謙信公ゆかりの品々が収められてますが
この館長さんがものすごく面白く熱く謙信公について語ります
帰る際には お客全員に「謙信公をよろしくお願いします」と
国政選挙に出馬するかのような挨拶をされます
ちなみに GACKTの謙信コスプレポスターも飾ってあったりする
2407168 (800x600)
惣門 茅葺の門で
春日山城の搦手門を移築したものと伝えられ、現存する唯一の春日山城の建築
普段は閉められていて 年1回だけ開門されるそうっす



林泉寺から 数百メートル離れたとこにある春日山神社
2407169 (600x800)
階段です ちなみにこの時点で気温35度っす
心 折れそうです
息子やご亭主から 「え ホントに行くの?」発言が出た
行くんですよっっ
かなり無理めではあるが とりあえず行く
こういう高くて長い階段は 下も見ないが上も見ない
ひたすら足元だけ見て登る
なぜかこういう時 頭の中には アンパンマンマーチが流れる
んでもって 階段を上りきった先に見えたのは
24071610 (800x600)  24071611 (800x582)

武将がいたりする
ここにもおもてなし武将隊がいるのね
後で甲冑着た兄さんと話をしたんだが 
名古屋の信長一行と一緒に各地武将隊が名古屋ドームに集結したり
武将隊同志交流したりするのねん
つか 暑い中大変よね この人達
コスプレしたまま あの階段を上ったり下りたりしてるっす

本当ならこの隣の春日山城跡の謙信公の立像の写真を撮りたかったんだが
後ろを振り向いたら すでに家族はさっさと階段を下りてやがった
暑さは家庭不和を生むものなのね うるうる


後は適当にハイウェイオアシスとかでご飯食べて 退散
いざ 自宅へ!! と行きたかったんだけど
さすが連休最終日 岐阜の瑞浪あたりから ゆるゆると渋滞発生
こうなると煩いのが娘
車の後ろで おいおいと泣きわめく
ああ ウザい
ちっさい時は 泣きわめくその口にお菓子やおにぎり突っ込んどいたら
ご機嫌になったんだが 今はそんなもん突っ込んだら
投げ返してきそうだな
ちょっと 予定より遅くなったが それでも午後7時には帰宅

なんだかなあ・・・的旅行でした
新潟はとても良いところなんで また行きたいっすねえ





長野 新潟旅行 申し訳ありません編

野沢温泉を9時前に出て 上越自動車道から一路新潟へ向かうかかろん家
助手席では 土石流と娘の突撃トイレのせいですっかり寝不足のママン
涎垂らして爆睡中
天気は曇天 さほど暑くもない
途中 北陸自動車道の米山SAで休憩 展望台から望む景色は
2407151 (800x600)

・・やっぱり曇天
2407152 (800x600)
位置的には 佐渡はこの方向らしい


どこへ向かうかてと 彌彦神社
ところが いざ近づいてみると 結構な混雑っす
うわぁあぁ めんどくせ
・・・初老と中年夫婦のやる気ない旅行姿勢が浮き彫りになる
いやいや せっかく来たんだから お参りしないとねっ
近くの駐車場は空いてなかったんで 彌彦公園の駐車場に停める
2407153 (800x589)  2407155 (800x600)  2407156 (800x582)
一の鳥居っす
親柱は地に付かず 6cmほど隙間がある・・とガイドブックに書いてある
もちろんそこまでまったく気が付かず素通り
奥に見えるのが玉の橋 別名「御神橋(ごしんきょう)」だそうです
二の鳥居は赤くないのねん
2407157 (800x588)
拝殿
お参りするのに 皆様並んでらっしゃる
そんなに混んでなくても きっちり並んでるのねん
伊勢神宮とか 京都の神社とかって 初詣はともかくあんまり並ばないから
ちょっと新鮮っす 
いつも通り 適当に割り込まなくてよかった
2407158(800x600).jpg
随神門
拝殿と順番逆になっちゃったわね


彌彦神社周辺はロープウェイがあったり パノラマタワーがあったりするんですが
腹をすかしてイライラする娘のせいで さっさと移動することになる
駐車場に向かう途中に「名物パンダ焼き」なる店の前を通ったんす
何人か並んでみえましたね
興味のある人はぐぐってみませう

昼飯も食わず とりあえず新潟市内に突撃
回転寿司食べたかったんす
んで 12時半過ぎたころ 食事に有りつく
・・ものすごい勢いで食べだす娘
激しい勢いのオーダー しかも声がでかい家族で
お店の人 どうも申し訳ございませんでした

腹も膨れたし 雰囲気のいい古町通りや本町通りを散策するつもりだったが
暑いし だるいし~買い物したいし~
・・ってんで 新潟駅で土産物をひたすら物色
ああ 楽しい

旅館は 月岡温泉清風園
部屋の変更した時 ちょっと広めの割高な部屋しか空いてなかったんで
そこを予約したけど まあ角部屋でいい感じの部屋だった


ウォシュレットの調子が最悪で
スーパーマリオ並みのスイッチ連打でやっと起動
しかも 動いたと思ったら 今度は止まらない
止まらないウォシュレットって 恐怖よ奥様

気を取り直して 温泉に向かう
思ったより宿泊客が少ないのか 露天風呂にゃ全然人がいなくて快適
お腹の調子も悪くなく安心安心 
ま ここは脱衣所にトイレがあるので 焦る必要もないんだけどさ

夕食は 個室でゆっくりいただきます


ここでもやっぱりひと騒動あった


前菜 御造り 煮物 鍋物 揚げ物
・・と続くお食事
揚げ物の時 ふっくらした厚みのあるキスの天ぷらだった
ざくざくと頬張る娘
・・・突然咳き込む
どうやら 喉にひっかかったみたい 
それでも食欲には勝てず 食べ勧める娘
大したことない様子
蕎麦 茶碗蒸し 酢の物 釜めし・・ときたところで
突然 異変が起こった
喉にひっかかった何かを取ろうと 指を喉の奥に突っ込んだバカ娘

Q どうなりますか?
A リバースします

こんな座敷でぶちまけられちゃったら生涯トラウマだわさ
子供の口を押えると そのまま座敷を飛び出し トイレにひた走るママン
ああ こんなことなら 調子こいて酒飲まなきゃよかった

どばああああああ・・

間一髪で間に合ったが トイレの個室は汚してしまったので
証拠隠滅のため 掃除に勤しむあたくし
・・なにが悲しくて ホテルでトイレ掃除やねん
ちょっとヤサグレて部屋に戻ったあたしに更なる苦難
「お母さん ちびりました」
こういうと まるであたしがちびったみたいやん
・・人は焦るとどうでもいい事考えるもんだ
ここ数年 こういうことがなかったもんで 
今年に限って 予備のパンツは持ってきてなかった
「何かあっても買えばいいしねえ」と旅行前呑気に言うてたが
今がまさにその時よ!
財布掴んで ホテルの売店に走る
正直酔っぱらって走るとフラフラします
この後 着替えさせて食事に戻ったんだけど 何食ったか覚えてない
メインディッシュのアワビも冷めて なんかさびしい感じだわさ

食べてすぐだけど 娘も身綺麗にしたいし もう一度温泉に行った
あたしらが不在の間に どうやら なんとも面白いことになってたようで・・

というのも あたしと息子は甲殻類アレルギーなんで
予約時に エビカニ抜きで・・とお願いしてたんだけど
どっかで間違ったのか 茶碗蒸しにエビが入ってたんす
わかった時点で わざわざ担当のお姉さん呼ぶのもめんどくさいし
娘やご亭主に食べてもらった訳よ
んで そのまま 忘れてたんだけど

あたしらが温泉行ってる間 部屋で寛いでたご亭主達
ピンポ~ンと誰か来たみたいで ドアを開けると
フロアマネージャーだったか?な男の人が
部屋にずずずいっと入るやいなや
申し訳ございませんっっ
と畳に額をこすりつけんばかりに お詫びしてきたそうな

・・見たかったな

茶碗蒸しのちっさいエビが発覚すると「冷や汗が出る思い」で飛んできたそうな・・
別によくあることだしね~?
つかさ 娘のリバース&パンツ騒動で そんなこと大したことじゃねえよ
ああ  疲れたさ
  
 

癒された

前日台風が通過していったおかげで
水曜日 予定通り 娘の宿泊学習 が実施された 万歳

学校からのメールで
朝 6時までに警報が解除されていれば 実施
・・とあったので
5時半に起きて 空を見上げる
曇天だけど 暴風警報は解除されてたんで 大丈夫だろ
洪水と土砂災害の警報は継続されたけどね
朝からせっせとから揚げ作ったさ 
張り切って出掛けて行った娘を見送るママン

さあ いってらっしゃい
ママンもお出掛けするからねえ~

そう車ぶつけてへこんではいたが 遊びの計画だけはちゃっかりしてたりする
娘不在のチャンスに ご亭主と遊びに行くっす
2406201.jpg
京都 嵐山 渡月橋
増水しまくって なかなかの迫力ざんす
修学旅行生や遠足の小学生がいっぱい
この子ら 台風当日はどうやって過ごしたんだろうね?

2406202.jpg  2406203.jpg

天龍寺 臨済宗天龍寺派大本山
世界遺産だそうです
ここは雲竜図が有名らしいですが 拝観は土曜日曜祝日は公開
んでもって
2406204.jpg
曹源池庭園 特別名勝指定されてる素敵な庭園でござます
入園料500円だったかな?
池の鯉がやたらデカくて小学生中学生がはしゃぐ
うん 鯉しか覚えてないってことは あたしもはしゃぐ小学生レベルっす
百花苑を抜けてすぐ現れるのが 竹林の道
2406205.jpg
ここ登っていくと トロッコの嵐山駅があるらしい
・・行かないよ めんどくさい

だらだら歩いてうろつく ←人によってはそれを「散策」と呼ぶらしい
疲れたのと魔が差したので 人力車などに乗ってみた
あれは10分3000円  適当に回ってもらった
「どこか行きたいですか?」と 人力車の凛々しいイケメンな兄ちゃんに聞かれ
「いや 乗ってみたかっただけだから どこでもいい」と答えると
「あ そんな感じしました あはは」とさわやかに笑われた

・・・・そんな感じって・・・ちょっと心がささくれ

渡月橋から 裏道コースでちょと敷居の高そうな湯豆腐屋 宝厳院 を回ってもらい
台風で避難した渡し船の積んであるとことか 人力車の会社の前とか見せてもらった 
料金は 高いか安いか?って言われたら高いが 
まあ 子連れでは絶対やらないことをやれたので OKっしょ

しばらくすると 息子から怒りメールがきた
【弁当に箸入ってないよ!】
・・入れた覚えない かもね
京都から箸持って三重に帰る気もないし そういえば爪楊枝が使ってあったはず
・・・・・・・・・うん OK
爪楊枝で食うだろう うんうん ということでスルーだスルー
次に向かったのは
2406206.jpg  2406207.jpg
本願寺(西本願寺) 浄土真宗本願寺派本山
写真は御影堂?阿弥陀堂?どっちだろ
ご亭主の携帯で撮った写真なので よくわかんないっすね
木は銀杏の大木っす 
お堂では念仏奉仕団の奥様旦那様がたくさんいらっしゃって 読経してらしたっす
境内には ブックセンターも併設されてて 
お経の本とか絵本とかなんとも不思議な空間だったっす
※本願寺限定キテ●ちゃんストラップとかあったような????

お昼は本願寺近くの和カフェで湯葉納豆丼を食べる
美味しかったはずなんだけど うっかり山椒をどばっとかけてしまい
味覚がやや崩壊しとりました 何食っても山椒味しかしません ええ




自宅にゆっくり帰り うたたねしながら息子がバイトから帰ってくるのを待った
せっかく娘がいないので 夕飯は居酒屋でぐだぐだ過ごそう
時間にきっちりかっちり支配されてる娘がいると ゆっくり酒も飲めんのです
ところがですよ
夜8時半過ぎ 近所の居酒屋到着
団体さんがいらっしゃるらしく 料理の出てくるのが遅くなるという
うん まあ仕方ないか
・・・30分たってようやく1皿のペース
2時間経っても 全然お腹膨れないんですが・・・
皆様ご存知でしょうが あたくし 非常に短気でせっかち
前もって 料理は遅く出る と言われてるので 文句もいえず
呼び出しボタンを連打することで憂さを晴らす・・という
子供ですか アホですか なあたくし
もう2度とあそこには行けないわね ええ

翌日 娘 無事生還
そりゃあもう 煩いうるさい五月蠅い
一晩でも 居ないと寂しい・・とか まったくなかったわね

そういや
今日 職場のお友達Hさんに
お誕生日おめでとう!ということで
鰻 奢ってもらっちゃった
幸せ噛みしめて 完食
食後のコーヒーまで ご馳走になった
ありがとう ありがとう

車と自転車でうんざりしてたけど 癒された 
明日は頑張って自転車探しに行こう

さくら さくら

今日 町内の清掃作業(ほぼ強制)から帰ってきたご亭主が

「桜 見たい」
と駄々をこねた

もうこのあたりの桜は葉桜で 時すでに遅し
しかも 時刻がもう9時だし
来週 北陸の山奥でも行くか~? と言ったが
さっきも書いたが 駄々をこねてる
どうせ 運転するのは 亭主本人だし 
まーいっか

と言うわけで
行ってきました
岐阜県は 西国三十三所観音霊場 谷汲山華厳寺
天台宗のお寺で 本尊は十一面観音さんです
木曽三川(揖斐川 長良川 木曽川)のうちの揖斐川沿いを北上していったわけですが
途中 木曽三川公園のチューリップ祭りやら 
ゴルフの東建クラッシック開催で(石●遼クン目当て)ギャラリーで混雑する道も
桜舞い散る樽見鉄道をカメラで待ち構える鉄ちゃんを脇目に
ひた走ります
途中 薄墨桜という桜の名所もあるんだけれど そっちはパス
まだ 5分咲きらしいし 混むんすよ あそこ
(昔一度行ったが 渋滞にはまるは 突然偏頭痛なるは で懲りた)
120415_1118~01    120415_1033~02   120415_1046~01
仁王門 手前にいるのは娘
参道はさくらまつり開催中でたくさん人がいてます
桜 やっぱり良いですね ←桜と富士山で興奮するのは 日本人のDNA
鮎の塩焼き 参拝する前に 思わず 食っちゃいました 

120415_1128~01
本堂 手前の階段が非常に厳しいっす
なぜなら 酒気帯びだったから・・

ちょうど昼時に着いたので 名物のシイタケで
ビール1本空けちゃったせいです はい
焼きしいたけでは 酒は進んでも 飯は進みません ←あくまで自論
おでん然り 豆腐田楽然り・・だからあたしは悪くない ←絶賛言い訳中

9時半に 家を出て
14時には 帰宅  
相変わらず 素敵な時間配分

夕飯は 買ってきたシイタケ(原木シイタケ10枚500円)を
オリーブオイルとニンニクで焼いて食べました
昼もシイタケ 夜もシイタケ

なのに ちっとも 痩せやしないのさ
それは 水飲んでも太るお年頃のせいね うふふふふん

プロフィール

かかろんさん

Author:かかろんさん
◎性別 中年のおばさん
◎性格 すばらしく雑


◎家族構成
★亭主
腹は黒いが 
あだ名は【住職】
マイペースな初老
毛根が枯渇している

★息子 
社会人
人はいいが、足が臭い
魔窟(汚部屋)に住む
空気読まないアスペ君

★娘 
春からA型作業所へ
食欲魔神な自閉症
前世はきっと肉食獣
勢いだけで生きている


      


「あなた悩み無いでしょ」
と言われた
んな訳 あるかい!

    

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。